Dsc006241

 

阿蘇でのキャンプツーリング2日目、阿蘇(高岳・中岳)と祖母山、どちらにするか悩んだ結果、無謀にも祖母山単独登山にチャレンジすることにしました。

 

Dsc00496

祖母山西側の北谷登山口を目指し出発、幹線道路から狭い道に入り、迷いながらようやく標識を見つけました。
これから登山口まで林道が続きます。路面が悪いので、一般乗用車では厳しいかもしれません。

 

Dsc00500

数キロメートルの未舗装路を走り、ようやく北谷登山口に到着です。
すでに数台の車が停まっており、中には4ドアセダンも・・・。あの悪路を最低地上高の低いセダンで通ってきたとは恐るべし!

 

Dsc00501

この登山口からのルートは2つあり、一つは風穴コースと名づけられた祖母山までの最速直登ルートです。
そして、もう一つは、尾根道歩きで一般向きの千間平コースです。

思案した結果、登りは風穴、下りは千間平コースを選択することにしました。風穴コースは、「健脚の方や経験者以外の方はご遠慮ください。」と書いてあったけど大丈夫?

さあ、出発です!

 

Dsc00503

いよいよ風穴コースに入ります。

 

Dsc00511

まるでいつも登っている東鳳翩山の杉林、楽勝じゃない?
と思ったら・・・。

 

Dsc00515

えっ?こんな所を登って行くの?

 

Dsc00513

Dsc00517

次はこんな所、ロープは切れないだろうねえ。
また次もロープが・・・。

 

Dsc00523

風穴に到着です。
なんと、ここには長い梯子が・・・。

沢登りや岩場のロープや梯子など、とにかく危険な場所ばかり、いやはや参りました。

 

Dsc00536

あれが山頂かあ、もう少しだ・・・。
と何度偽ピークに騙されたことか。とんでもないルートです!

 

Dsc00560

この風穴ルート、登山者が楽に登れるように登山道が整備されていないと言えばわかりやすいでしょうか?
滑落しないよう、ルートを間違わないようにと細心の注意を払いながら、ようやく祖母山頂到着です。

出発してから2時間20分、よく頑張りました。

 

Dsc00561

山頂には、関西方面からの登山ツアーの中高年者が十数人おられました。皆さん、元気いっぱいのご様子です!

 

Dsc00578

山頂からは、東側の傾山などはよく見えましたが、西側の阿蘇方面は視界不良で見えませんでした。
この祖母山、大分県と熊本県、そして宮崎県の県境に位置しますが、山頂から眺めると、つくづく山が深い地域だなあと感じます。

 

Dsc00584

昼食を済ませ、正午過ぎに下山にかかります。

 

Dsc00590

国観峠まで降りてきました。何とも広い運動場のような峠です。
途中、9合目にきれいな小屋があったらしいのですが、うっかりパスしてしまいました。

 

Dsc00603

またもや広場、登りの風穴ルートとは、天と地ほどの違い!ピクニックモードです。

 

Dsc00608

4合目まで降りてきました。
こちらのルートには、このような標識が整備されています。

千間平コースは、ゆったりした尾根道歩きで、景色もよいのですが、場所によっては、黒土の粘度質の道があるので、滑らないように注意しなければなりません。

 

Dsc00613

午後2時、2時間足らずで無事北谷登山口に戻ってきました。
札幌ナンバーの軽バンが停まっています。若いご夫婦のようでしたが、さすがに日本百名山、遠くからやってきています。

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチツとクリックしていただけるとうれしいです!
      ↓
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ