DSC055149999

 

2014年10月29日、初めて鶴見岳に登ってみました。

鶴見岳は、由布岳の東側、大分県別府市に位置する標高1,375mの活火山で、日本三百名山の一つとなっています。

 

鶴見岳登山ルート

山頂へは、近鉄別府ロープウェイが鶴見山上駅(標高1,300m)まで通じており、10分足らずで登ることができます。
観光気分で手軽に山頂まで行けるため、登山の対象としては考えにくい山ではありますが、今回ようやくチャレンジしてみることにしました。

DSC055139997

登山口へは、ロープウェイ乗り場から湯布院方面へと上り、志高湖への分岐点となる信号を少し過ぎた右手に写真のような御嶽権現社の鳥居があるので、この道をずっと上がっていきます。

 

20141029085825 (1)9998

少し走ると広場があり、数十台の車が停められるスペースがあります。
小さなトイレもありましたが、掃除が行き届いておらず、気持ちよく使えるものではありませんでした。

駐車場からこれから登る鶴見岳の山頂が見えます。

DSC055169997

駐車場のすぐ前にゲートがあり、この道を上るとお社奥からの登山口に行けそうなので、本来の登山道となる神社の参道は下山時に歩くことにします。

午前9時、いよいよ鶴見岳登山のスタートです!

 

 

DSC055209998

10数分で神社のお社に到着です。
真剣に祝詞を挙げているグループがいました。
終わるのを待って、自分も登山の安全祈願を行いました。

 

DSC055219999
お社の左奥が登山口になっています。

 

 

DSC0553410005

この登山道には何合目という表示はありませんが、写真のような情報板がポイントごとに立ててあります。
ただ、このゴールまでというのが、山頂までなのか、それともロープウェイ山頂までなのか、いささか不明です。

登山道は、急な直登はほとんどなく、比較的なだらかな歩きやすい道が続きます。

DSC0552810002

 

DSC0554310010

高度が上がってくると、登山道は落葉がいっぱい、木々も色づいてきました。

DSC0554610012

登り始めて1時間40分、鶴見岳の山頂とロープウェイ山頂駅への分岐点に到着です。

DSC0555110014

ここが山頂!・・・・?
と思ったら、ここは単に休憩所でした。

DSC0556110020

山頂の下は広々としており、そこには放送局の鉄塔や七福神のお社などが建ち並んでいます。
いったいどこから山頂へ登るのやら?

DSC0556210021
どうやらこの坂道を上がっていった所が山頂のようです。
ロープウェイ駅から歩いてきた観光客が上がっています。

DSC_107610025
登り始めてから2時間弱、ゆっくりのんびり撮影しながら登ってきて、無事鶴見岳山頂に到着です。
休憩していると、次から次へとロープウェイからの観光客が上がってきます。

DSC0557510027

山頂は、東西に広くなっています。

DSC0556710023

山頂から西方向には、由布岳の東側の姿が大きく見えます。
由布岳は、やはり南側正面登山口方向から見た双峰の姿が一番かも。

後ろに小さく見える涌蓋山は、どの方角から見ても美しい富士山型をしています。

 

 

DSC0556610022

今日は、雲海が下界を隠し、高い山の峰峰だけが見える素晴らしい眺望でした。

DSC0554710013

DSC0558310030

休憩地点から下方にロープウェイ頂上駅が見えたので、ちょっと寄り道をして駅の近くにある神社にお参りしてきました。

 

 

DSC0558710031

ロープウェイ山頂駅から登山口への下山口はここです。

 

 

DSC0559310033

ロープウェイ山頂駅から1時間10分で神社に到着、ここから参道を降りて駐車場まで戻ります。

 

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。 ポチツとクリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ