DSC00797

 

9月17日早朝、阿蘇に向けて妻と二人で出発しました。
目的は勿論登山、そして妻にとっての初キャンプ、宿泊は私がキャンプツーリングでいつもお世話になっている阿蘇三合目坊中野営場です。

キャンプと言っても、私はいつものテントで、妻は車中泊、本格的な睡眠を確保しようとやたら寝具を積み込んでいました。

出発時点での計画は、1日目の午後に体慣らし、お散歩気分で草千里から烏帽子岳登山、翌日は仙酔峡から阿蘇高岳、中岳登山、又は祖母山登山、そして3日目は根子岳登山でした。

 

DSC00801

昼食を済ませ、阿蘇草千里には午後12時過ぎに到着、山歩きの準備をして12時半に烏帽子岳山頂に向け出発です。
阿蘇には、これまで何十回もやってきて草千里を眺めていますが、目の前に見える山の頂を目指すのは今回が初めてです。
登山情報によれば、1時間もかからないと書いてありますが、こうして目の前の山を見ると、随分遠くに感じられます。

 

烏帽子岳登山ルート

 
DSC00810

最初は、左手に草千里、さわやかな風に揺れる道の両側のすすきの穂を眺めながら、緩やかな尾根道を歩きます。
登山というより、しばらくはお散歩気分です。

 

DSC00821

ようやく登りらしい道になりました。
丸木階段が何か所か現われ、徐々に傾斜がきつくなってきました。

高齢者の団体が下山して来ました。
ここでもお婆さん達が見事な山ガールファッションです!

 

DSC00830

午後1時14分、烏帽子岳山頂に到着です。
風景を楽しみ、写真撮影をしながらゆっくりと歩いたつもりでしたが、わずか40分ちょっとで登れました。
 

DSC00837 (1)

天気は最高、山頂から見る草千里の全景です。
いつもは広く見える草千里が、山頂からは、こんなに小さく見えます。

 

DSC00833 (1)

反対側を見ると、阿蘇の火口、その手前に白水村方面に降りる阿蘇パノラマラインが見えます。
本当に箱庭のようです。

 

DSC00840

南西方向に目を転じると、遥か先に高い山が見えました。
どうやら雲仙の普賢岳のようです。間に有明海があるはずですが、あんなに近くに見えるんですねえ。

 

DSC00853

素晴らしい眺望を楽しんだ後、午後1時42分下山開始です。
明日の本番に影響がないよう、階段はゆっくりと降りることにしましたが、わずか20分ちょっとで到着です。

烏帽子岳山頂からの眺望は本当に素晴らしい!
これが正直な感想でした。
お散歩気分で簡単に登れる山なのに、なんでこれまで一度もチャレンジしなかったのだろう?
もったいないことをしたもんです。

明日はきつい仙酔尾根を登って高岳、中岳?それとも祖母山?

 
 
にほんブログ村ランキングに参加しています。
ポチツとクリックしていただけるとうれしいです!

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ